苔玉の管理と肥料 苔の育て方.com

苔玉の管理と肥料

   

苔玉の管理と肥料

苔の育て方.com>>苔玉で苔を育てる>>苔玉の管理と肥料

苔玉

苔玉を生き生きと育てる為には苔玉が好む環境を把握してしっかり管理していくことが大切です。



光や水分、通気性や温度といった環境を整えることはもちろんのこと、苔玉の成長具合に合わせて剪定や肥料などのお手入れも必要となってくることもあります。

日常的な苔玉の管理は苔玉を軽く触ってみて表面が乾いていたら水を与え、外気と光に当てることで光合成を促進させます。

日常的な水やりに加えて4月〜5月頃の春先と10月〜11月頃の秋には肥料を与える事により苔玉を色艶よく育てることができます。

苔玉の肥料にはハイポネックスなどの液体肥料を薄めたものを使うと良いでしょう。

花をつける樹木を植えた苔玉には週に一度くらい、葉物のみの樹木には10日に一度くらいの割合で液体肥料を薄めた水の中に浸けてあげます。

冬の時期は季節柄元気が無いように見えてしまう為に肥料を与えたくなってしまうこともありますが、気温が下がる冬場は苔も休眠状態に入っているので肥料を与えても効果は無く、逆に枯らしてしまうことさえありますので肥料を与えるのは控えましょう。

肥料の与え方

苔玉の肥料には園芸店やホームセンターで販売されているハイポネックスなどの液体肥料を使用します。

バケツに水を張り、液体肥料の容器に書かれた濃度で希釈したものを用意します。

希釈された液体肥料が用意できたら苔玉をそのまま水に浸け気泡が出なくなるまでゆっくり沈めておきます。

苔玉がしっかり水と肥料を吸収したらバケツから取り出して風通しの良い半日陰のような場所で水切りを行いましょう。

日の光は光合成を行う為に必要なものですのでしっかり当ててあげたいものですが季節によって注意しなければならないこともあります。

春と秋には午前中の柔らかい光を目安とし、夏には朝のうちだけしっかり日に当ててあげて気温が上がってきたら半日陰に移してあげましょう。

冬には寒さ対策をしながら日中の明るい光をたっぷり当ててあげましょう。

前の記事>>苔玉の作り方
次の記事>>苔に対する疑問と雑学



関連記事

  • 苔玉で苔を育てる

    苔玉とは土に包まれた植物の根の部分を苔で覆い作り上げる自然の植木鉢のようなものです。そこに植えられた植物とともに鉢代わりをする>>続きを読む


  • 苔玉にお勧めな苔の種類

    苔玉はそこに使用される苔の種類により色合いや質感に全く違った印象を与えてくれます。どのような苔を使い、どのような印象の苔玉を作>>続きを読む


  • 苔玉の作り方

    苔玉は出来上がったものを購入することも出来ますが自分の好きな植物と苔を使って自分だけの苔玉を作ることも可能です。苔玉作りは簡単>>続きを読む


    PR 水草 | メダカ | 金魚 | カメ | トカゲ | 犬の病気 |

  • PR

    苔を知る

  • 苔を知る
  • 混乱を招く苔の仲間
  • 苔が小さい理由
  • 苔の入手と採取
  • 苔採取の場所と方法
  • 苔採取の季節
  • 苔の育て方と日常管理

  • 苔の育て方と日常管理
  • 苔を育てる
  • 苔庭作りと日常管理
  • 苔に必要な水と光
  • 苔が枯れる理由
  • 苔の水やり
  • 苔の増やし方と植え方
  • 育てやすい苔の種類

  • 育てやすい苔の種類
  • ギンゴケの育て方
  • ハイゴケの育て方
  • スナゴケの育て方
  • エゾスナゴケの育て方
  • シノブゴケの育て方
  • ホソバオキナゴケの育て方
  • ジャゴケの育て方
  • トサカホウオウゴケの育て方
  • コツボゴケの育て方
  • ツルチョウチンゴケの育て方
  • ホソウリゴケの育て方
  • ネズミノオゴケの育て方
  • ハマキゴケの育て方
  • ホウオウゴケの育て方
  • コダマゴケの育て方
  • アラハシラガゴケの育て方
  • スギゴケの育て方
  • タチゴケの育て方
  • ヒノキゴケの育て方
  • ハネヒツジゴケの育て方
  • コウヤノマンネングサの育て方
  • カモジゴケの育て方
  • 苔テラリウムで苔育成

  • 苔テラリウムで苔育成
  • 簡単!苔テラリウムの作り方
  • 苔テラリウムの土
  • 苔テラリウムの日常管理
  • 苔に対する疑問と雑学

  • 苔に対する疑問と雑学
  • オオスギゴケとウマスギゴケの見分け方
  • 苔が勝手に生えてくる原因と対策
  • コケの寿命
  • 苔庭に向いている苔の選び方
  • 森や林で苔を探す
  • 室内で苔を上手に育てるコツ
  • 街中のコケと山のコケの違い
  • ヒカリゴケが光る理由
  • 苔とその他の植物との大きな違い
  • よく読まれている記事

  • ホソウリゴケの育て方

    ホソウリゴケは小型のハリガネゴケ科に属しており、都市部のコンクリート壁などにも見つけることができる苔です。都市部ではギンゴケや>>続きを読む


  • ヒノキゴケの育て方

    杉とヒノキと言えば植林の代表格みたいなものでどちらも似たようなイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。苔の話になる>>続きを読む


  • シノブゴケの育て方

    園芸では大型のオオシノブゴケ、トヤマシノブゴケ、アオシノブゴケ、ヒメシノブゴケなどがシノブゴケとして扱われています。葉の形はど>>続きを読む


  • コツボゴケの育て方

    コツボゴケは低地から山地のやや日陰の湿った地上や岩の上などに見られる苔で、人家近くでは畑の縁や林道脇の日陰地にも自生しています>>続きを読む


  • スナゴケの育て方

    スナゴケは河原や山地の日当たりの良い砂質の土や岩の上、石垣などに黄緑色の群落を作り、湿った場所でなら直射日光が当たるところでも>>続きを読む


  • ギンゴケの育て方

    ギンゴケはコンクリート塀の地際や石垣など街中でも一番よく見られ苔の一種です。ギンゴケは都会の雑踏などの過酷な環境を生き抜くだけ>>続きを読む


  • ハマキゴケの育て方

    ハマキゴケは乾燥すると葉が両側から内側に巻き込まれ、まるで枯れているかのように茶褐色に見える特徴的な苔です。その枯れたような姿>>続きを読む


  • スギゴケの育て方

    スギゴケと呼ばれるものには数種類あり、園芸ではコスギゴケ、ウマスギゴケ、オオスギゴケなどがスギゴケとして扱われています。コスギ>>続きを読む


  • 苔採取の場所と方法

    苔はホームセンターや園芸店でも販売されていますが、少し近所を歩き回ってみると今まで気にしなかった場所にも結構見られるものですの>>続きを読む