初めての苔庭作りと日常管理 苔の育て方.com

初めての苔庭作りと日常管理

   

初めての苔庭作りと日常管理

苔の育て方.com>>苔の育て方と日常管理>>初めての苔庭作りと日常管理

苔庭づくり

苔庭と聞くとどのような庭を連想するでしょうか。おそらく多くの人が手入れの行き届いた素晴らしい庭園をイメージするはずです。確かに書籍やインターネットでも苔庭を探してみると素晴らしい写真や画像が多く掲載されています。



そんな素晴らしい苔庭ばかりを見ていれば「こんな庭、初心者の自分には作れない。」「手入れが大変そう。」そんな思いが頭をよぎり、なかなか苔庭作りには取り組めないのではないでしょうか。

しかし、少し視点を変えて庭全体では無く、坪庭程度から始めてみると意外と簡単に始められるのも苔庭の特徴の1つです。

京都や奈良などでは古来より狭くて限られた敷地の中に坪庭が造られてきました。

また都心部などの住宅事情ではちょっとした庭のスペースやベランダでガーデニングを楽しんでいる方も多いようです。

そのようなちょっとしたスペースを利用して苔庭を造ってみるのも面白いものです。

苔庭作りは苔盆栽や苔テラリウム作成と同様にまずはイメージを固めながらデザイン画を描くことから始めましょう。

配置する石や植栽する草木を書き入れ、コケを張る位置を大まかに決めます。

苔庭デザインのポイントは奥を高くして手前にくるほど低くなるように起伏をつけることです。そうすることで水はけや見栄えが良くなります。

従来の枠にはまらない自由な空間を創造するのも一興ですが、初めて造る苔庭は、昔から庭の景観を造るために用いられてきた技巧的な美を真似てみると失敗が少なくなるでしょう。

苔庭に向いているお勧めの苔

ある程度苔庭のイメージが固まったら次はそこに使用する苔選びです。苔庭にはどんな苔でも使用できるわけでは無く、その環境に応じて向き不向きがあります。

苔庭を造る場所の環境にもよりますが、コケの品種は基本的には丈夫で管理しやすいものを選ぶようにしましょう。

ホソバオキナゴケやアラハシラガゴケは半日陰を好む比較的丈夫な苔で、ちょっとした日陰でも育つので毎日の水やりが大変だという人も育てやすい苔です。

また、日当たりの良い場所であれば苔の中でも日当たりの良い場所を好むスギゴケやスナゴケがいいでしょう。

環境に適した苔を選んだら、苔の植え付けになりますが苔の植え付けに関しては苔の増やし方と植え方のページをご覧ください。

- 関連記事 -
苔の増やし方と植え方

苔庭の日常管理

苔庭の日常管理には大きく分けて3つの要素が挙げられます。まず1つ目は乾燥状態の管理で、苔の育成は空気の水分量に大きな影響を受けます。

苔を植え付けた当初は毎日の水やりは欠かさずに行うようにしましょう。 ある程度環境に馴染んで落ち着いてきたら水やりの回数を少しずつ減らしていくようにしましょう。

しっかりと苔がその環境に馴染めば水やりをしなくても雨だけで生長するようになります。

次に必要な要素は日照条件であり、コケにとっては木漏れ日程度の光量が最適です。

直射日光が当たる場所でも育つ丈夫な品種もありますが、強い西日が当たるような場所であればヨシズなどをたてて日よけをしましょう。

最後の要素は温度条件となり、温度の条件は極端な高温や低温でなければ問題はありませんが、湿度との関係で起こる蒸れはコケを枯らしてしまう一番の原因となりますので注意が必要です。

苔が蒸れないようにするには風通しの良い環境で育てることと、真夏の日中に水やりをしないことが重要です。

真夏の暑い時間帯などは特に水分が必要になるように思われがちですが、暑い時間帯に水を与えるとその水が高温になり、蒸れの原因となってしまいます。

このように苔庭の管理は乾燥条件・日照条件・温度条件の三要素をしっかりと管理していけば失敗することは少なくなります。

苔の刈り込み

苔は多年生でその多くはある一定の大きさになるとそれ以上は生長せずに群生します。

よって芝生などのように頻繁な刈り込みは必要ありません。しかし苔の中にはスギゴケのように毎年少しずつ伸びていく種類の苔もあり、あまり伸びすぎると倒れこんで見栄えが悪くなるばかりか、倒れた苔が日光を遮断して新芽の生育を阻害します。

また、表土を覆って蒸れやすくなるので次第に衰退していき、やがては苔庭に植栽した全てのコケが枯れてしまいます。

そこで徒長する品種は倒れこむくらいに伸びたら地際から刈り取って再生させるといいでしょう。

前の記事>>苔を育てる
次の記事>>苔に必要な水と光



関連記事

  • 苔を育てる

    苔玉や苔テラリウムを始めた頃は青々としていた苔が次第に色合いを失い、枯れていく。水分もしっかり保持しているのに何故だろう?こん>>続きを読む


  • 苔に必要な水と光

    植物が成長し子孫を残すために必要な活動である光合成には水と光が不可欠です。このことは苔でも同じことが言え、いかに水と光を効率よ>>続きを読む


  • 苔が枯れる理由

    苔は非常に環境適応力に優れ、どのような場所でも生きていけるイメージを持たれがちですが、苔もコケ植物と言われるように植物である以>>続きを読む


  • 苔の水やり

    苔の水やりは排水性が良ければやり過ぎて害になることはありませんが、排水性が悪く常に過湿状態になっているようでは問題が起きること>>続きを読む


  • 苔の増やし方と植え方

    「苔を増やす」こんなことを考えたことがある人がどれだけいるでしょか?苔なんて増やそうと思わなくても勝手に増えていくものではない>>続きを読む


    PR 水草 | メダカ | 金魚 | カメ | トカゲ | ガーデニング |

  • PR

    苔を知る

  • 苔を知る
  • 混乱を招く苔の仲間
  • 苔が小さい理由
  • 苔の入手と採取
  • 苔採取の場所と方法
  • 苔採取の季節
  • 育てやすい苔の種類

  • 育てやすい苔の種類
  • ギンゴケの育て方
  • ハイゴケの育て方
  • スナゴケの育て方
  • エゾスナゴケの育て方
  • シノブゴケの育て方
  • ホソバオキナゴケの育て方
  • ジャゴケの育て方
  • トサカホウオウゴケの育て方
  • コツボゴケの育て方
  • ツルチョウチンゴケの育て方
  • ホソウリゴケの育て方
  • ネズミノオゴケの育て方
  • ハマキゴケの育て方
  • ホウオウゴケの育て方
  • コダマゴケの育て方
  • アラハシラガゴケの育て方
  • スギゴケの育て方
  • タチゴケの育て方
  • ヒノキゴケの育て方
  • ハネヒツジゴケの育て方
  • コウヤノマンネングサの育て方
  • カモジゴケの育て方
  • 苔テラリウムで苔育成

  • 苔テラリウムで苔育成
  • 簡単!苔テラリウムの作り方
  • 苔テラリウムの土
  • 苔テラリウムの日常管理
  • 苔玉で苔を育てる

  • 苔玉で苔を育てる
  • 苔玉にお勧めな苔の種類
  • 苔玉の作り方
  • 苔玉の管理と肥料
  • 苔に対する疑問と雑学

  • 苔に対する疑問と雑学
  • オオスギゴケとウマスギゴケの見分け方
  • 苔が勝手に生えてくる原因と対策
  • コケの寿命
  • 苔庭に向いている苔の選び方
  • 森や林で苔を探す
  • 室内で苔を上手に育てるコツ
  • 街中のコケと山のコケの違い
  • ヒカリゴケが光る理由
  • 苔とその他の植物との大きな違い
  • よく読まれている記事

  • ホソウリゴケの育て方

    ホソウリゴケは小型のハリガネゴケ科に属しており、都市部のコンクリート壁などにも見つけることができる苔です。都市部ではギンゴケや>>続きを読む


  • ヒノキゴケの育て方

    杉とヒノキと言えば植林の代表格みたいなものでどちらも似たようなイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。苔の話になる>>続きを読む


  • シノブゴケの育て方

    園芸では大型のオオシノブゴケ、トヤマシノブゴケ、アオシノブゴケ、ヒメシノブゴケなどがシノブゴケとして扱われています。葉の形はど>>続きを読む


  • コツボゴケの育て方

    コツボゴケは低地から山地のやや日陰の湿った地上や岩の上などに見られる苔で、人家近くでは畑の縁や林道脇の日陰地にも自生しています>>続きを読む


  • スナゴケの育て方

    スナゴケは河原や山地の日当たりの良い砂質の土や岩の上、石垣などに黄緑色の群落を作り、湿った場所でなら直射日光が当たるところでも>>続きを読む


  • ギンゴケの育て方

    ギンゴケはコンクリート塀の地際や石垣など街中でも一番よく見られ苔の一種です。ギンゴケは都会の雑踏などの過酷な環境を生き抜くだけ>>続きを読む


  • ハマキゴケの育て方

    ハマキゴケは乾燥すると葉が両側から内側に巻き込まれ、まるで枯れているかのように茶褐色に見える特徴的な苔です。その枯れたような姿>>続きを読む


  • スギゴケの育て方

    スギゴケと呼ばれるものには数種類あり、園芸ではコスギゴケ、ウマスギゴケ、オオスギゴケなどがスギゴケとして扱われています。コスギ>>続きを読む


  • 苔採取の場所と方法

    苔はホームセンターや園芸店でも販売されていますが、少し近所を歩き回ってみると今まで気にしなかった場所にも結構見られるものですの>>続きを読む