自然の中で苔採取!苔採取の場所と採取道具・方法 苔の育て方.com

自然の中で苔採取!苔採取の場所と採取道具・方法

   

自然の中で苔採取!苔採取の場所と採取道具・方法

苔の育て方.com>>苔を知る>>自然の中で苔採取!苔採取の場所と採取道具・方法

自然の中の苔採取

苔入手

苔はホームセンターや園芸店でも販売されていますが、少し近所を歩き回ってみると今まで気にしなかった場所にも結構見られるものですのでご自身で採取してくるのも苔育成の楽しみ方の一つかもしれません。



基本的に他人の私有地、神社、仏閣などでの採取はたとえ苔でさえモラルを欠くものですので控えましょう。近所の道端や川沿いの土手、里山の林道の斜面など散歩やウオーキングを楽しみながら探してみると結構いろいろな種類の苔が見つかるものです。

都心部のマンション住まいのような方では近所の苔と言っても種類に限りがあるかもしれませんので、そのような時は休日を利用して自然の中に出かけてみましょう。

苔の図鑑とルーペを片手に苔ウォッチングを楽しみながら気に入った苔を採取してくるのも楽しいものです。ただ苔の種類の判別は熟練者でも困難を極めることがあるほど難しいものですので、あまり名前に固執せずに名前がわからなくても気にすることはないでしょう。


苔の生えている場所

コケは意外と身近なところに自生しているのをご存知でしょうか。

コンクリートやブロック塀、レンガ、岩上、樹皮など視線を転じればいろいろなものに張り付いて自生しているコケが観察できます。

苔の種類により倒木や老木に生える苔、土や岩のうえに生える苔、斜面の岩盤に生える苔、滝のそばなどの水辺を好む苔など様々です。

自然の中で生えている苔の特徴やその環境を知ることもその苔を育てるうえで非常に貴重な情報源となるものです。苔を採取するときにその苔が好む環境をその場所からしっかりと感じとり、必要があれば写真におさめておくのもいいかもしれません。

歩道の脇やコンクリート塀などに見られるギンゴケ、ホソウリゴケ、ハマキゴケ、アオギヌゴケやちょっとした砂だまりの日当たりのいい場所に生えるスナゴケなどは乾燥や直射日光に強く育てやすい苔です。


他にも土手や林緑などに生えるハイゴケ、スギゴケ、コスギゴケなども見つけやすく育てやすい苔でしょう。


しかし、これらのコケは常に深緑色をしているわけではありません。天気のいい日には体内の水分が蒸発しないように葉を閉じて身を守ってるため土色をしている苔もあります。

ですので、これらのコケを採取するのは濡れていてイキイキとしている雨上がりが一番綺麗な状態が見られて最適なのです。

乾燥した好天下で採取する場合にはペットボトルや霧吹きを持参してコケを見つけたら水をかけてみましょう。元気なコケであれば瞬時に葉を開いて本来の綺麗な姿を見せてくれるはずです。

苔の採取道具と採取方法

苔の採取にはさほど大掛かりな器具や道具は必要としません。あった方がいいものとしては苔を削ぎとるヘラのようなものやピンセット、観察用のルーペや持ち帰る為の容器でしょう。

持ち帰る為の容器はどのくらいの苔を採取するのかによっても変わってきますが、蓋つきの小瓶などを用意すれば集団を形成した苔をそのままの形で持ち帰ることも出来ますのでいいかもしれません。

また、多品種の苔を採取するのであれば苔同士が混ざってしまわないように小さなジップ付きのビニール袋などに入れる方法もあります。

コケを採取する場合、その場所が他人の敷地内であれば、ひと声かけるのが礼儀です。そして了解が得られたら少しだけ採るようにしてください。

必要な分だけを採取して、根こそぎとらなければコケはまた自然に増殖します。

多くの植物は採取の際に根をしっかり掘り起こさないと植え替えが難しいこともありますが、その点に関しては苔は問題ありません。

苔の種類にもよりますが、採取の際に仮根(根のように見える部分)までしっかり取ろうとする方もいますが、葉のように見える部分だけカットして採取してくれば、そのまま育てることができます。

苔の性質を理解している人であればご存知とは思いますが、苔には根はなく、水分を吸い上げる仕組みも無い為問題ないのです。

持ち帰る際に乾燥してしまっても家に帰り、水に浸してあげれば元に戻ります。

苔採取の際に一番気を付けたいことは夏場の蒸れです。高温により蒸したように蒸れてダメージを受けてしまった苔はそのまま枯れてしまうこともありますので注意してください。

前の記事>>苔の入手と採取
次の記事>>苔採取の季節



関連記事

  • 混乱を招く苔の仲間

    苔の仲間は小さい故に見分けがつけ難く、さらには肉眼では種類の正確な判別ができないものもあります。そのような理由から苔の仲間は非>>続きを読む


  • 苔が小さい理由

    多くの植物は光合成に必要不可欠な太陽の光を得るため、他の植物に負けないように高く、大きく成長する知恵を身につけました。そんな中>>続きを読む


  • 苔の入手と採取

    苔の話になるとホームセンターなどで販売されているものの多くは野生の苔を元に増やしたものであり、販売用や観賞用に品種改良されたも>>続きを読む


  • 苔採取の季節

    苔は春夏秋冬問わず採取することができますが、植え付け後のことを考えたら真夏と真冬は避けたほうが無難かもしれません。苔は寒さには>>続きを読む


  • 環境によって全く違う!街中の苔と山の苔の違い

    道路脇や石垣など街中に生える苔は乾燥に耐えるために苔同士が密接に寄り添いあいコロニーを形成する種が多いものです。また、森の中や林>>続きを読む


    PR 水草 | メダカ | 金魚 | カメ | トカゲ | ガーデニング |

  • PR

    苔の育て方と日常管理

  • 苔の育て方と日常管理
  • 苔を育てる
  • 苔庭作りと日常管理
  • 苔に必要な水と光
  • 苔が枯れる理由
  • 苔の水やり
  • 苔の増やし方と植え方
  • 育てやすい苔の種類

  • 育てやすい苔の種類
  • ギンゴケの育て方
  • ハイゴケの育て方
  • スナゴケの育て方
  • エゾスナゴケの育て方
  • シノブゴケの育て方
  • ホソバオキナゴケの育て方
  • ジャゴケの育て方
  • トサカホウオウゴケの育て方
  • コツボゴケの育て方
  • ツルチョウチンゴケの育て方
  • ホソウリゴケの育て方
  • ネズミノオゴケの育て方
  • ハマキゴケの育て方
  • ホウオウゴケの育て方
  • コダマゴケの育て方
  • アラハシラガゴケの育て方
  • スギゴケの育て方
  • タチゴケの育て方
  • ヒノキゴケの育て方
  • ハネヒツジゴケの育て方
  • コウヤノマンネングサの育て方
  • カモジゴケの育て方
  • 苔テラリウムで苔育成

  • 苔テラリウムで苔育成
  • 簡単!苔テラリウムの作り方
  • 苔テラリウムの土
  • 苔テラリウムの日常管理
  • 苔玉で苔を育てる

  • 苔玉で苔を育てる
  • 苔玉にお勧めな苔の種類
  • 苔玉の作り方
  • 苔玉の管理と肥料
  • 苔に対する疑問と雑学

  • 苔に対する疑問と雑学
  • オオスギゴケとウマスギゴケの見分け方
  • 苔が勝手に生えてくる原因と対策
  • コケの寿命
  • 苔庭に向いている苔の選び方
  • 森や林で苔を探す
  • 室内で苔を上手に育てるコツ
  • 街中のコケと山のコケの違い
  • ヒカリゴケが光る理由
  • 苔とその他の植物との大きな違い
  • よく読まれている記事

  • ホソウリゴケの育て方

    ホソウリゴケは小型のハリガネゴケ科に属しており、都市部のコンクリート壁などにも見つけることができる苔です。都市部ではギンゴケや>>続きを読む


  • ヒノキゴケの育て方

    杉とヒノキと言えば植林の代表格みたいなものでどちらも似たようなイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。苔の話になる>>続きを読む


  • シノブゴケの育て方

    園芸では大型のオオシノブゴケ、トヤマシノブゴケ、アオシノブゴケ、ヒメシノブゴケなどがシノブゴケとして扱われています。葉の形はど>>続きを読む


  • コツボゴケの育て方

    コツボゴケは低地から山地のやや日陰の湿った地上や岩の上などに見られる苔で、人家近くでは畑の縁や林道脇の日陰地にも自生しています>>続きを読む


  • スナゴケの育て方

    スナゴケは河原や山地の日当たりの良い砂質の土や岩の上、石垣などに黄緑色の群落を作り、湿った場所でなら直射日光が当たるところでも>>続きを読む


  • ギンゴケの育て方

    ギンゴケはコンクリート塀の地際や石垣など街中でも一番よく見られ苔の一種です。ギンゴケは都会の雑踏などの過酷な環境を生き抜くだけ>>続きを読む


  • ハマキゴケの育て方

    ハマキゴケは乾燥すると葉が両側から内側に巻き込まれ、まるで枯れているかのように茶褐色に見える特徴的な苔です。その枯れたような姿>>続きを読む


  • スギゴケの育て方

    スギゴケと呼ばれるものには数種類あり、園芸ではコスギゴケ、ウマスギゴケ、オオスギゴケなどがスギゴケとして扱われています。コスギ>>続きを読む


  • 苔採取の場所と方法

    苔はホームセンターや園芸店でも販売されていますが、少し近所を歩き回ってみると今まで気にしなかった場所にも結構見られるものですの>>続きを読む