苔の種類の見分け方 混乱を招く苔の仲間

苔の種類の見分け方 混乱を招く苔の仲間

   

苔の種類の見分け方 混乱を招く苔の仲間

苔の育て方.com>>苔を知る>>苔の種類の見分け方 混乱を招く苔の仲間

苔

苔の仲間は小さい故に見分けがつけ難く、さらには肉眼では種類の正確な判別ができないものもあります。そのような理由から苔の仲間は非常に種類の判別が難しいものも多いと言えるでしょう。



そんな苔の仲間内でも混乱を招くこともあるのに、さらには苔では無いのにコケと名のつく植物や菌類がいるのですから尚更ややこしくなっています。

例を挙げると種子植物の仲間であるモウセンゴケやシダ植物の仲間であるクラマゴケなどがあり、菌類や地衣類にはチャダイゴケやヒロハツメゴケなどがあります。

何故コケ植物では無い彼らにコケと名が付いているのかは定かではありませんが、このように名前だけでは生物学的分類は出来ないこともあるのですから非常に難しいものです。

さらにアクアリウムの世界などでは藻類のことを一般的にコケと呼び駆除対象とされていますのでアクアリウムをやったことのある人からすれば、苔を育てること自体に不思議な想いを抱くかもしれません。

苔と同じような環境を好み、同種族と間違われることもある菌類や藻類についても苔との違いを簡単にご紹介しましょう。

菌類とは

菌類とコケ植物の大きな違いは体内に葉緑体を持ち、光合成を行うか行わないかです。言い方を変えるとコケ植物は光のエネルギーを用いて無機物を有機物に変えて生物自体の体を作り上げていく独立栄養形式の生物であるのに対して、菌類は体内に葉緑体を持っていませんので光合成は行わず、動物などと同様に他の生物もしくは生物由来の有機物から栄養を吸収して成長している従属栄養形式の生物なのです。

菌類の体は単細胞性の一群を除き、ほとんどの種類は菌糸と呼ばれる糸状の物質が集まって構成されており、表面から酵素を出して分解・吸収する栄養摂取の方法に適しています。

苔
地衣類の仲間 ウメノキゴケ

ほとんどの仲間にコケという名前が付いている地衣類は苔と勘違いされやすいのですがコケ植物とは異なる生物なのです。菌類の仲間である地衣類は菌糸で出来た体内に藻類を共生させ、藻類の光合成産物を栄養として吸収している共生生物なのです。

その為、地衣類は菌類でありながら光合成を必要とする為にコケ植物と似たような環境を好み、似たような色合いをしているのですからなんとも紛らわしい限りと言えるでしょう。

藻類とは

藻類は葉緑体を持ち光合成を行うところはコケ植物と似ていますが、糸状や葉状の単純な作りのみで生殖器官が単細胞であることや陸上植物に共通した特徴である胚を持たないことなどがコケ植物と大きく異なっています。

結論!苔の種類の見分け方

このように専門的用語を並べて説明をすれば種類の違いは理解できるのですが、一般の人(私たち)がフィールドに出向いて見つけた苔の種類をその場で見分けることはなかなか難しいものです。

ましてや他の植物と違い「苔=小さい」という点でさらに見分けを難しくしている点も否めません。

苔の種類を見分けるには常日頃から苔の写真や図鑑に目を通し、特徴をある程度把握したのち、見つけた苔をルーペなどで拡大しながら確認を繰り返して覚えていくしかないのです。

何度も何度もその作業を繰り返していくうちにいつの間にか多くの苔を見分けるスキルを身に着けているはずです。




前の記事>>苔を知る
次の記事>>苔が小さい理由



関連記事

  • 苔が小さい理由

    多くの植物は光合成に必要不可欠な太陽の光を得るため、他の植物に負けないように高く、大きく成長する知恵を身につけました。そんな中>>続きを読む


  • 苔の入手と採取

    苔の話になるとホームセンターなどで販売されているものの多くは野生の苔を元に増やしたものであり、販売用や観賞用に品種改良されたも>>続きを読む


  • 苔採取の場所と方法

    苔はホームセンターや園芸店でも販売されていますが、少し近所を歩き回ってみると今まで気にしなかった場所にも結構見られるものですの>>続きを読む


  • 苔採取の季節

    苔は春夏秋冬問わず採取することができますが、植え付け後のことを考えたら真夏と真冬は避けたほうが無難かもしれません。苔は寒さには>>続きを読む


  • 環境によって全く違う!街中の苔と山の苔の違い

    道路脇や石垣など街中に生える苔は乾燥に耐えるために苔同士が密接に寄り添いあいコロニーを形成する種が多いものです。また、森の中や林>>続きを読む


    PR 水草 | メダカ | 金魚 | カメ | トカゲ | ガーデニング |

  • PR

    苔の育て方と日常管理

  • 苔の育て方と日常管理
  • 苔を育てる
  • 苔庭作りと日常管理
  • 苔に必要な水と光
  • 苔が枯れる理由
  • 苔の水やり
  • 苔の増やし方と植え方
  • 育てやすい苔の種類

  • 育てやすい苔の種類
  • ギンゴケの育て方
  • ハイゴケの育て方
  • スナゴケの育て方
  • エゾスナゴケの育て方
  • シノブゴケの育て方
  • ホソバオキナゴケの育て方
  • ジャゴケの育て方
  • トサカホウオウゴケの育て方
  • コツボゴケの育て方
  • ツルチョウチンゴケの育て方
  • ホソウリゴケの育て方
  • ネズミノオゴケの育て方
  • ハマキゴケの育て方
  • ホウオウゴケの育て方
  • コダマゴケの育て方
  • アラハシラガゴケの育て方
  • スギゴケの育て方
  • タチゴケの育て方
  • ヒノキゴケの育て方
  • ハネヒツジゴケの育て方
  • コウヤノマンネングサの育て方
  • カモジゴケの育て方
  • 苔テラリウムで苔育成

  • 苔テラリウムで苔育成
  • 簡単!苔テラリウムの作り方
  • 苔テラリウムの土
  • 苔テラリウムの日常管理
  • 苔玉で苔を育てる

  • 苔玉で苔を育てる
  • 苔玉にお勧めな苔の種類
  • 苔玉の作り方
  • 苔玉の管理と肥料
  • 苔に対する疑問と雑学

  • 苔に対する疑問と雑学
  • オオスギゴケとウマスギゴケの見分け方
  • 苔が勝手に生えてくる原因と対策
  • コケの寿命
  • 苔庭に向いている苔の選び方
  • 森や林で苔を探す
  • 室内で苔を上手に育てるコツ
  • 街中のコケと山のコケの違い
  • ヒカリゴケが光る理由
  • 苔とその他の植物との大きな違い
  • よく読まれている記事

  • ホソウリゴケの育て方

    ホソウリゴケは小型のハリガネゴケ科に属しており、都市部のコンクリート壁などにも見つけることができる苔です。都市部ではギンゴケや>>続きを読む


  • ヒノキゴケの育て方

    杉とヒノキと言えば植林の代表格みたいなものでどちらも似たようなイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。苔の話になる>>続きを読む


  • シノブゴケの育て方

    園芸では大型のオオシノブゴケ、トヤマシノブゴケ、アオシノブゴケ、ヒメシノブゴケなどがシノブゴケとして扱われています。葉の形はど>>続きを読む


  • コツボゴケの育て方

    コツボゴケは低地から山地のやや日陰の湿った地上や岩の上などに見られる苔で、人家近くでは畑の縁や林道脇の日陰地にも自生しています>>続きを読む


  • スナゴケの育て方

    スナゴケは河原や山地の日当たりの良い砂質の土や岩の上、石垣などに黄緑色の群落を作り、湿った場所でなら直射日光が当たるところでも>>続きを読む


  • ギンゴケの育て方

    ギンゴケはコンクリート塀の地際や石垣など街中でも一番よく見られ苔の一種です。ギンゴケは都会の雑踏などの過酷な環境を生き抜くだけ>>続きを読む


  • ハマキゴケの育て方

    ハマキゴケは乾燥すると葉が両側から内側に巻き込まれ、まるで枯れているかのように茶褐色に見える特徴的な苔です。その枯れたような姿>>続きを読む


  • スギゴケの育て方

    スギゴケと呼ばれるものには数種類あり、園芸ではコスギゴケ、ウマスギゴケ、オオスギゴケなどがスギゴケとして扱われています。コスギ>>続きを読む


  • 苔採取の場所と方法

    苔はホームセンターや園芸店でも販売されていますが、少し近所を歩き回ってみると今まで気にしなかった場所にも結構見られるものですの>>続きを読む