室内で苔を上手に育てるコツ 苔の育て方.com

室内で苔を上手に育てるコツ

   

室内で苔を上手に育てるコツ

苔の育て方.com>>苔に対する疑問と雑学>>室内で苔を上手に育てるコツ

苔

観葉植物などでも屋外で育てる時と室内で育てるときには、管理項目や気をつける点が違うように苔育成でも室内で育てる時には気をつけたい点が幾つかあります。

そんな苔の室内育成のコツを一つずつご説明していきましょう。



苔は植物の中でも特に小さな存在であるが故に室内のちょっとしたスペースでも育てることができます。

机の上や棚の上などに苔ボトルを置いておくだけでも部屋の雰囲気はまるで変わり、安らぎを与えてくれるものです。

そんな部屋の中のちょっとしたスペースでも育てることの出来る苔ですが、それはスペース的な問題であり、言わば人の都合なのです。

苔玉や苔ボトルは置物やちょっとしたインテリアなどのように扱われることも多いですが苔も生きています。

苔の立場からすれば、室内のどんな環境でも育つことができるわけではありません。

苔も植物ですのでやはり育成に必要な光や水分、温度などが適さなければそこに存在し続けることはできないのです。

そのため苔を室内で育てるには光の量や水、温度などに気を使ってあげる必要があります。

苔育成にとって一番大切なこと。それはやはり光合成を行うための光でしょう。

苔は乾燥に強く、低温にも強い。植物の中でも屈強な存在ではありますが、やはりその苔その苔にあった光の量は確保してあげなければなりません。

家の中でもリビングなどの人の集まる場所は、日中や夕方など電気の付いている時間が長いため蛍光灯の光で苔は光合成を行うことができます。

逆に昼間は仕事などでほぼ外出していて部屋の中は真っ暗、あまり光の差し込まない玄関やトイレなど家の中でもリビングなどに比べて暗い時間の多い場所ではやはり光量不足になることもあります。

そのような時は、光の差し込む窓辺などに置いてあげるなどの工夫が必要です。

もし、太陽の光が差し込まないような場所での育成なら苔専用に小さな照明を設置してあげると良いでしょう。

LEDライトなどを設置し、デジタルタイマーなどで点灯時間を管理すれば毎日決まった時間に光を当ててあげることができるので手間いらずで苔育成を楽しむことができます。

湿度と水やり

苔はジメジメした環境を好むものという思い込みから必要以上に水やりをしてしまう人がいますが、室内は屋外に比べて風通しが悪いため過湿は禁物です。

梅雨時期や夏場などは過度な湿気により苔がカビてしまったり、高温時には蒸れて枯れてしまうこともあります。

苔は乾燥には強く、ちょっとした水分不足くらいでは枯れることはありませんが、過湿による蒸れには極度に弱いもので、猛暑日など室内が異常な温度になってしまう時などには茹で上がってしまうようなこともありますので注意しましょう。

冬場はそれほど気にすることはありませんが、梅雨時期や夏場には換気にも気を配り室内に熱気がこもらないようにしましょう。

小瓶やボトルなど蓋つきのもので苔育成をしている場合には、最低でも2、3日に一回は蓋を開けて中の空気の入れ替えをしてあげます。

前の記事>>森や林で苔を探す
次の記事>>街中のコケと山のコケの違い



関連記事

  • 苔に対する疑問と雑学

    「苔はどこにでも生えるもの」それが故に普段は全く気にも留めない存在であるかもしれません。しかし、一度苔に興味を持ち色々と調べて>>続きを読む


  • オオスギゴケとウマスギゴケの見分け方

    スギゴケは苔庭などに利用されることが多い苔で、自然の中でも林床などで見かけることの多い苔でもあります。スギゴケにもいくつかの仲>>続きを読む


  • 苔が勝手に生えてくる原因と対策

    近年の苔ブームの煽りを受けて苔玉や苔テラリウムなど、苔の持つ美しさにハマってしまう人がいる一方で、出来れば触りたくない、裏庭に>>続きを読む


  • コケの寿命

    苔などの植物に対して寿命という言い方が正しいのか、寿齢と言うべきなのかはよくわかりませんが、苔がどのくらい生きられるものなのか>>続きを読む


  • 苔庭に向いている苔の選び方

    木漏れ日の差し込む登山道を歩いていて、鮮やかな色合いの苔の群落に目を奪われることもあれば、何気なく訪れた箱根美術館や西芳寺、桂>>続きを読む


  • 森や林で苔を探す

    森や林の中はコケにとっても非常に住み良い場所であり、多くの種類のコケが生息していますので自分の好みのコケや魅力的なコケが見つか>>続きを読む


  • 街中のコケと山のコケの違い

    道路脇や石垣など街中に生える苔は乾燥に耐えるために苔同士が密接に寄り添いあいコロニーを形成する種が多いものです。また、森の中や>>続きを読む


  • ヒカリゴケが光る理由

    自然界において光を放つものは何故かしら人の興味を惹くものです。光を放つ生き物と言えばまず挙げられるのがホタルでしょう。日が沈み>>続きを読む


  • 苔とその他の植物との大きな違い

    庭の片隅にひっそりと生える苔や森の中で他の植物に混ざりながら倒木や岩の上などちょっとしたスペースを間借りするように生える苔。こ>>続きを読む


  • スギゴケの仲間と種類の違い

    スギゴケと呼ばれる苔には数種類の仲間が存在し、それぞれに育つ環境や成長過程に違いがあるのをご存知でしょうか?スギゴケの種類的特>>続きを読む


    PR 水草 | メダカ | 金魚 | カメ | トカゲ | 犬の病気 |

  • PR

    苔を知る

  • 苔を知る
  • 混乱を招く苔の仲間
  • 苔が小さい理由
  • 苔の入手と採取
  • 苔採取の場所と方法
  • 苔採取の季節
  • 苔の育て方と日常管理

  • 苔の育て方と日常管理
  • 苔を育てる
  • 苔庭作りと日常管理
  • 苔に必要な水と光
  • 苔が枯れる理由
  • 苔の水やり
  • 苔の増やし方と植え方
  • 育てやすい苔の種類

  • 育てやすい苔の種類
  • ギンゴケの育て方
  • ハイゴケの育て方
  • スナゴケの育て方
  • エゾスナゴケの育て方
  • シノブゴケの育て方
  • ホソバオキナゴケの育て方
  • ジャゴケの育て方
  • トサカホウオウゴケの育て方
  • コツボゴケの育て方
  • ツルチョウチンゴケの育て方
  • ホソウリゴケの育て方
  • ネズミノオゴケの育て方
  • ハマキゴケの育て方
  • ホウオウゴケの育て方
  • コダマゴケの育て方
  • アラハシラガゴケの育て方
  • スギゴケの育て方
  • タチゴケの育て方
  • ヒノキゴケの育て方
  • ハネヒツジゴケの育て方
  • コウヤノマンネングサの育て方
  • カモジゴケの育て方
  • 苔テラリウムで苔育成

  • 苔テラリウムで苔育成
  • 簡単!苔テラリウムの作り方
  • 苔テラリウムの土
  • 苔テラリウムの日常管理
  • 苔玉で苔を育てる

  • 苔玉で苔を育てる
  • 苔玉にお勧めな苔の種類
  • 苔玉の作り方
  • 苔玉の管理と肥料
  • よく読まれている記事

  • ホソウリゴケの育て方

    ホソウリゴケは小型のハリガネゴケ科に属しており、都市部のコンクリート壁などにも見つけることができる苔です。都市部ではギンゴケや>>続きを読む


  • ヒノキゴケの育て方

    杉とヒノキと言えば植林の代表格みたいなものでどちらも似たようなイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。苔の話になる>>続きを読む


  • シノブゴケの育て方

    園芸では大型のオオシノブゴケ、トヤマシノブゴケ、アオシノブゴケ、ヒメシノブゴケなどがシノブゴケとして扱われています。葉の形はど>>続きを読む


  • コツボゴケの育て方

    コツボゴケは低地から山地のやや日陰の湿った地上や岩の上などに見られる苔で、人家近くでは畑の縁や林道脇の日陰地にも自生しています>>続きを読む


  • スナゴケの育て方

    スナゴケは河原や山地の日当たりの良い砂質の土や岩の上、石垣などに黄緑色の群落を作り、湿った場所でなら直射日光が当たるところでも>>続きを読む


  • ギンゴケの育て方

    ギンゴケはコンクリート塀の地際や石垣など街中でも一番よく見られ苔の一種です。ギンゴケは都会の雑踏などの過酷な環境を生き抜くだけ>>続きを読む


  • ハマキゴケの育て方

    ハマキゴケは乾燥すると葉が両側から内側に巻き込まれ、まるで枯れているかのように茶褐色に見える特徴的な苔です。その枯れたような姿>>続きを読む


  • スギゴケの育て方

    スギゴケと呼ばれるものには数種類あり、園芸ではコスギゴケ、ウマスギゴケ、オオスギゴケなどがスギゴケとして扱われています。コスギ>>続きを読む


  • 苔採取の場所と方法

    苔はホームセンターや園芸店でも販売されていますが、少し近所を歩き回ってみると今まで気にしなかった場所にも結構見られるものですの>>続きを読む