苔テラリウムの日常管理 苔の育て方.com

苔テラリウムの日常管理

   

苔テラリウムの日常管理

苔の育て方.com>>苔テラリウムで苔育成>>苔テラリウムの日常管理

苔

苔テラリウム(苔ボトル)にも日常の管理は必要となってきます。

犬や猫などのペットのように餌を与えたり、散歩に行ったり、アクアリウムのように水換えをしたりといった大掛かりな世話はありませんが苔を生き生きと育てるためにはそれなりの世話が必要になってきます。



まず、全ての動植物が必要とする太陽の光は苔が成長するうえでも無くてはならない存在で、光源が無くなってしまったら苔も枯れてしまいます。

苔の仲間は直射日光が1日中当たる場所を嫌がる植物なので、自然界では湿度が吸収できる半日陰もしくは日陰を好んで自生する陰生植物です。

小型の容器や小瓶などで苔を育てる苔テラリウムにおいても光が無ければ苔の色合いが悪化してしまったり、枯れてしまったりするので、室内で苔の育成を楽しむ時には薄明るい日の光や照明器具が必要になってきます。

基本的には部屋での置き場所に配慮が必要ですが、昼間の明るい時間帯に窓辺近くの場所に置き、適度な光を当ててあげれば問題なく育てることはできます。

また季節により置き場や置く時間帯を変える必要があり、夏場に一日中太陽の光が容器に当たる場所に置いてしまうと容器内が蒸れたり、容器内の温度が過剰に上昇してしまい苔が枯れてしまうので直射日光が長時間当たる場所には置かないようにしましょう。

仕事の都合や外出などで日中の管理が難しい時などは無理に窓辺などに置かずに室内の涼しい場所で管理するようにしましょう。

そのような時は近年普及しているLED照明器具などとタイマーを連動させて使うことで毎日規則正しい時間に光を与えられるので管理が非常に楽になります。

この方法はアクアリウムにおける水草育成などで用いられる方法ですのでアクアリウムショップなどで探してみると必要な用品を簡単に見つけることができます。

照明器具を使用するときの注意点としてはLED照明であればさほど心配はいらないのですが、通常の電球や蛍光灯を使用する際には照明熱が発生するためあまり近づけすぎると容器に熱がこもってしまいますので設置距離に配慮が必要となってきます。

容器内の湿度管理

密閉性の高い容器であれば数回の霧吹きでも長期的に湿度が保てるので問題ないのですが、蓋の無い容器での苔テラリウムでは苔が乾燥しやすくなりますのでそれなりの管理が必要になってきます。

蓋の無い容器を使用する場合には底床土壌に水分をしっかりと吸わせておき、適度に水分を蒸発させながら苔の湿度を保つ方法があります。

また、乾燥しやすい時期などにはサランラップなどで簡易的な蓋をしてあげるのも効果的です。

容器内の空気の対流

自然界での苔は適度な風の流れを感じながら空気中の二酸化炭素を吸収して光合成を行いながらゆっくりと成長しています。

そのような面から考えても容器に入れた苔にも新鮮な空気を送り込んであげなければなりません。

蓋つきの容器は密閉性が良く湿度管理には最適なのですが、空気の流れを考えると蓋なし容器に比べてどうしても劣る点があります。

最低でも1週間に2、3回は蓋を開けて新鮮な空気を送り込んであげましょう。

この時にガラス瓶の周りに付いた水滴などをキッチンペーパーなどで拭き取ってあげることで容器も綺麗になり鑑賞しやすくなります。

前の記事>>苔テラリウムの土
次の記事>>苔玉で苔を育てる



関連記事

  • 苔テラリウムで苔育成

    テラリウムと聞くと水槽などで行う、アクアテラリウムのように大掛かりな設備を準備して行うものと思われる方もいるようですが苔テラリ>>続きを読む


  • 簡単!苔テラリウムの作り方

    苔テラリウムはお店や通販ショップなどで購入することはできますが、近場で魅力的な苔を採取することが出来るのであれば是非ご自身で作>>続きを読む


  • 苔テラリウムの土

    苔にとっての用土の役割は体を支え固定すること、水分を保持しその環境下に適度な湿度を保つこと、苔の周りに水が溜まらないように排水>>続きを読む


    PR 水草 | メダカ | 金魚 | カメ | トカゲ | 犬の病気 |

  • PR

    苔を知る

  • 苔を知る
  • 混乱を招く苔の仲間
  • 苔が小さい理由
  • 苔の入手と採取
  • 苔採取の場所と方法
  • 苔採取の季節
  • 苔の育て方と日常管理

  • 苔の育て方と日常管理
  • 苔を育てる
  • 苔庭作りと日常管理
  • 苔に必要な水と光
  • 苔が枯れる理由
  • 苔の水やり
  • 苔の増やし方と植え方
  • 育てやすい苔の種類

  • 育てやすい苔の種類
  • ギンゴケの育て方
  • ハイゴケの育て方
  • スナゴケの育て方
  • エゾスナゴケの育て方
  • シノブゴケの育て方
  • ホソバオキナゴケの育て方
  • ジャゴケの育て方
  • トサカホウオウゴケの育て方
  • コツボゴケの育て方
  • ツルチョウチンゴケの育て方
  • ホソウリゴケの育て方
  • ネズミノオゴケの育て方
  • ハマキゴケの育て方
  • ホウオウゴケの育て方
  • コダマゴケの育て方
  • アラハシラガゴケの育て方
  • スギゴケの育て方
  • タチゴケの育て方
  • ヒノキゴケの育て方
  • ハネヒツジゴケの育て方
  • コウヤノマンネングサの育て方
  • カモジゴケの育て方
  • 苔玉で苔を育てる

  • 苔玉で苔を育てる
  • 苔玉にお勧めな苔の種類
  • 苔玉の作り方
  • 苔玉の管理と肥料
  • 苔に対する疑問と雑学

  • 苔に対する疑問と雑学
  • オオスギゴケとウマスギゴケの見分け方
  • 苔が勝手に生えてくる原因と対策
  • コケの寿命
  • 苔庭に向いている苔の選び方
  • 森や林で苔を探す
  • 室内で苔を上手に育てるコツ
  • 街中のコケと山のコケの違い
  • ヒカリゴケが光る理由
  • 苔とその他の植物との大きな違い
  • よく読まれている記事

  • ホソウリゴケの育て方

    ホソウリゴケは小型のハリガネゴケ科に属しており、都市部のコンクリート壁などにも見つけることができる苔です。都市部ではギンゴケや>>続きを読む


  • ヒノキゴケの育て方

    杉とヒノキと言えば植林の代表格みたいなものでどちらも似たようなイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。苔の話になる>>続きを読む


  • シノブゴケの育て方

    園芸では大型のオオシノブゴケ、トヤマシノブゴケ、アオシノブゴケ、ヒメシノブゴケなどがシノブゴケとして扱われています。葉の形はど>>続きを読む


  • コツボゴケの育て方

    コツボゴケは低地から山地のやや日陰の湿った地上や岩の上などに見られる苔で、人家近くでは畑の縁や林道脇の日陰地にも自生しています>>続きを読む


  • スナゴケの育て方

    スナゴケは河原や山地の日当たりの良い砂質の土や岩の上、石垣などに黄緑色の群落を作り、湿った場所でなら直射日光が当たるところでも>>続きを読む


  • ギンゴケの育て方

    ギンゴケはコンクリート塀の地際や石垣など街中でも一番よく見られ苔の一種です。ギンゴケは都会の雑踏などの過酷な環境を生き抜くだけ>>続きを読む


  • ハマキゴケの育て方

    ハマキゴケは乾燥すると葉が両側から内側に巻き込まれ、まるで枯れているかのように茶褐色に見える特徴的な苔です。その枯れたような姿>>続きを読む


  • スギゴケの育て方

    スギゴケと呼ばれるものには数種類あり、園芸ではコスギゴケ、ウマスギゴケ、オオスギゴケなどがスギゴケとして扱われています。コスギ>>続きを読む


  • 苔採取の場所と方法

    苔はホームセンターや園芸店でも販売されていますが、少し近所を歩き回ってみると今まで気にしなかった場所にも結構見られるものですの>>続きを読む